【ポケモンUSUM S7/S8/S9使用構築】ごちうさ☆いんぱくと【S9最終レート2103/最終102位】

今回シーズン9にてシーズン7から使用しているギガインパクトメガミミロップ入りの構築で目標だったレート2100越えを達成することができました。
使用ポケモンは下記の画像の6体

f:id:hawawawawa:20180514003851p:plain



【個体詳細】
ミミロップミミロップナイト
f:id:hawawawawa:20180122174357g:plain
性格:ようき  特性:じゅうなん→きもったま
実数値
メガ前:141-128-104-×-116-172
メガ後:141-188-114-×-116-205
努力値:H4 A252 S252

技:ねこだまし とびひざげり ギガインパクト れいとうパンチ

構築の唯一のメガシンカ枠。
メガミミロップ入りの構築組むにはどうすればいいか参考にするため結果を残している構築記事を読んでいると使用者達が揃って「このポケモンは火力不足が目立つ」的なことを書いていたので頭の悪い僕は「ならギガインパクトを採用すればいいじゃん」という考えに至りギガインパクトを採用した。
ほぼ考慮されていない技なので相手の隙をうまく突くことができ、猫だましを受けても居座ってくる耐久振りのリザードンY、霊獣ボルトロスアシレーヌマリルリ、猫だましターンを消費してから出てくるメガゲンガーアーゴヨン、そしてメガミミロップとHP満タンのミミッキュのラス1対面で勝ちを確信している相手をギガインパクトで葬った時は射精以上の快感をもたらした。
この技には不利な場面で何度も助けられたので採用して本当に良かったと思っている。
ここ一番というところで膝やギガインパクトを外したりもしたけれどなんだかんだ一番信頼しているポケモン

選出率:1位



ゴチルゼル@たべのこし
f:id:hawawawawa:20180122174742g:plain
性格:ずぶとい  特性:かげふみ
実数値:177-×-158-116-132-87
努力値:H252 B228 C4 D12 S12

技:サイコショックあくのはどう めいそう ちょうはつ ねむる

強力なヤンデレ特性のおかげでミミロップカプ・レヒレミミッキュが苦手なポケモンを処理してくれた本構築のMVP。
ミミッキュのおにびで物理アタッカーを機能停止にしてから起点にする流れが読まれにくく、例を挙げるとヘビボン採用テッカグヤ+霊獣ボルトロスのような選出には楽に勝つことができた。
ただ積むだけではなくPP枯らしを狙う事もあったので100ターン以上かかる試合も少なくはなかった。

【役割対象一覧】(使用率100位以内)
クレセリア/ドヒドイデ/モロバレル/メガフシギバナ/ウツロイド/ヤドラン/ラティオス/エアームド/ラッキー/ポリゴン2/ヒードラン/瞑想のないスイクン/挑発や瞑想のないカプ・テテフ/ふきとばしのないカバルドン/ハサミギロチンのないグライオン/ボルチェンのないサンダー/あくのはどう以外で拘ったスカーフゲッコウガ/おにびを入れたメガメタグロスメガラグラージメガボスゴドラテッカグヤナットレイカプ・ブルル
選出率:4位



サンダー@オボンのみ
f:id:hawawawawa:20180122180022g:plain
性格:おだやか  特性:せいでんき
実数値:193-×-116-146-132-136
努力値:H220 B84 C4 D76 S124

技:ほうでん ねっぷう めざめるパワー(氷) はねやすめ

他のポケモンが苦手とするカプ・レヒレテッカグヤメガボーマンダ、メガハッサム、特殊メガルカリオ、どくどくのないギルガルドカプ・ブルルへの受け先として採用。
特性のせいでんきやほうでんによる麻痺で運勝ちした数は数え切れない。
メガボーマンダを選出されることが多かったが流行りの耐久振りのマンダなら3回までなら舞われても麻痺を入れることでメガミミロップで上を取ることができたのでボーマンダがいるパーティにはミミロップと併せて選出していた。
もしミミロップが出せない場合はサンダー一匹で頑張ってもらった。

選出率:2位



カプ・レヒレ@ミズZ
f:id:hawawawawa:20180122180302g:plain
性格:ひかえめ  特性:ミストメイカ
実数値:145-×135-161-151-137
努力値:C252 D4 S252

技:ハイドロポンプ ムーンフォース こごえるかぜ ちょうはつ

カバルドンが重かったので採用。
こごえるかぜ+ミズZの型がS7の時よりも増え周知されてしまったので読まれることが多かった。
Sは準速なので速いレヒレは警戒されにくく有利に立ち回れることも少なくはなかったが耐久振りのレヒレとは違い案外脆いので扱いが難しかった。

選出率:3位



ランドロスゴツゴツメット
f:id:hawawawawa:20180122175419g:plain
性格:わんぱく  特性:いかく
実数値:196-165-156-×-100-112
努力値:H252 B252 S4

技:じしん がんせきふうじ とんぼがえり ステルスロック

ゴツメ枠
メガガルーラメガクチートメガリザードンXバシャーモミミッキュなどの物理アタッカーの受け先。
今シーズンで初めてようきメガメタグロスのれいとうパンチを乱数で耐えることにたまたま気付くことができ選出を増やす事ができた。
ただ起点にされることが多いポケモンなので選出した際は注意が必要。

選出率:6位



ミミッキュミミッキュZ
f:id:hawawawawa:20180122180503g:plain
性格:いじっぱり  特性:ばけのかわ
実数値:143-140-115-×-126-135
努力値:H100 A140 B116 D4 S148

技:じゃれつく かげうち おにび つるぎのまい → みがわり

調整はABミミッキュをベースにS70族を抜けるように改良したものが構築記事にあったので真似てみた。
おにびはゴチルゼルをサポートするために撃ったり初手でメガクチートキノガッサと対面した時用。
みがわり採用の理由はランドロスサザンドラ、カプ・コケコのボルチェンやとんぼに対応するため。
相性の悪いカグヤやナット対面では交換読みでやどりぎのたねを選択されたり、ドヒドイデモロバレル対面ではゴチルゼル警戒で交換読み交換をされることが多々あったのでみがわりを選択することにより有利な択に持ちこめ裏のサンダーやゴチルゼルに安全に交換することができた。
雨パ相手にはペリッパーのとんぼがえりや、たまにいるこごえるかぜミズZニョロトノにもみがわりで対応が効いたのでやはりみがわり採用は正解だったと思う。

選出率:5位



【結果】
TN:メリル
S9
最高レート 2103/ 最終レート 2103 / 最終順位 102位
f:id:hawawawawa:20180515193351j:plain

S8
最高レート 2031 / 最終レート 1831 / 最終順位 1882位
f:id:hawawawawa:20180314004928p:plain

S7
最高レート 2009 / 最終レート 2009 / 最終順位 472位
f:id:hawawawawa:20180123131903p:plain


【まとめ】
今シーズンはパーティへの理解度も更に高まって新たな立ち回り方を見つけることもできたり、1900台から16連勝なんかもしてかなり調子の良いシーズンだったと思います。
そしてインフレのお陰もあり、初めてレートを2100台に乗せることができました。
ただ最終日から1週間前と比較的早いうちに2100台に乗せることができ高みの見物をしていると、最終日前夜21:30の更新で次々と2100達成者、そこからまたレートを更新している人が一気に増えていて焦りを感じました。
やり場のないもどかしさを払拭するため更に潜るか迷っていたのですが、やはり自分にはここから潜ろうという図太いメンタルもなく事前にもう今シーズンはこれで終わりと決めていたことを守り2103というレートで最後の更新を迎えました。
今回の順位は102位と惜しくも100位以内に入れなかったので次の目標は最終100位以内に入るか2100到達から+1勝か2勝くらいを目標に頑張ろうと思います。


【最後に】
アニメのごちうさはに見たことありません。
ここまで読んでくださりありがとうございました。